ブログの役立つ話

【書評】Google AdSenseマネタイズの教科書[完全版]は初心者にはちょっと難しいけどタメになる!

ブログやサイト運営をしている方には、1度は「のんくら本」という名前を聞いたことあるんじゃないでしょうか?

  • ブログ運営歴1年
  • 雑記ブログで1万PV
  • 文系大学出身
  • WEB知識はブログ関連を少し

こんなスペックの僕がのんくら本を読んでみてどう感じたかを書いていきます。

これからのんくら本を買おうかな?と思っているちょっと毛が生えた初心者の方には参考になると思います!

【この書評まとめ】

  1. 商品ジャンル:本 (ブログ関連)
  2. 購入商品:Google AdSenseマネタイズの教科書[完全版]
  3. 価格:1,998円
  4. 評価:AdSenseを使うなら読んでおくべき!
  5. 簡単コメント:内容は結構難しいです。完全初心者なら理解できない用語も多いかと思います。1年ちょっと運営してきたのでなんとか理解できる単語もありますね。ブログ運営へどうやって応用するかはまだ手探りですが、AdSenseやサイト運営のヒントになるものは山盛りって感じですね!
created by Rinker
¥2,035
(2019/10/19 02:32:13時点 Amazon調べ-詳細)

それぞれのチャプター毎の感想

Chapter 1の感想

「AdSenseの9割はテーマ選び」

というのが一番印象に残った点です。確かに市場の規模によってアクセス数に大きな幅があることは間違い無いと思います。アフィリエイト案件がなくともアクセスが集まれば収入に繋がりやいので、テーマ選びが大切というわけですね。

ただ自分のブログに応用する場合に悩んでいます。僕が運営しているのはバリバリの雑記ブログ。完全なAdSenseブログという訳では無いので、ブログを1ジャンルとして運営することは出来ないんです。

そしてテーマ選びの条件について書かれています。

メインテーマを一から構築することは出来ないので、カテゴリーや1つのテーマでサイトマップを作る時に参考に出来るのかな〜と…。

一応、サブサイトの方はAdSenseメインなので参考に出来そうです。

Chapter 2の感想

「SEOについての考え方」

狙うワードや流入経路、簡単なキーワードなどのSEOの考え方について書かれています。ただ実際に具体的な方法については、あまりまだ理解できていません。

大切な考え方だということは分かります!

一度は誰もが読む必要はあると思います!

といいますが、実際にブログへの応用については考え中です。

うーむ、AdSenseメインのサブサイトには結構使えるかも…?

やっぱりアフィリエイトも合わせている雑記ブログには完全には合わないんでしょうか。Chapter2については実践しながらもう少し考えたいと思います。

Chapter 3の感想

  1. ユーザービリティ
  2. サイト設計

が一番印象的でしたね。それぞれについての感想と応用方法、実践方法について考えていきます。

①ユーザービリティ

サイトの速度・情報の信用性などが主でしたが、「ワンダーランド by たぬぎり」では表示速度は「普通:改善の余地あり」って事でした。

実際に速度改善の項目がありましたが、用語は分からないものも多く、調べながら改善していくつもりです。

それに信用性についても自分自身の経験や知識をさらに増やしていく必要性を感じました。もっと専門書を読む必要を感じたり、必要があるなら資格取得もアリだな。って事ですね。

「良質なコンテンツとは何か?」を考えさせる内容でした。

特に明確な答えがないので考え続ける必要がある!って思いますね。

ここはAdSenseやブログ関係なく初心者から絶対に読むべき!

②サイト設計

サイト設計に関しては、ブログに応用できるポイントが多いです!しかも目から鱗が落ちるような内容がほとんどでした。

今までは新着記事しか考えていなかったんですが、サイト設計をしっかりする事でユーザービリティの向上にも繋がるんでしょうね。

最近、他のブログを読んでいるとトップページがカテゴリーで分かれていてサイトっぽいのが多くないですか?

これものんくら本の影響なのでしょうか。

確かに自分が信用できる人のブログやサイトで検索したい場合、設計がしっかりしている方がサイトの滞在率も興味ある記事も読んでしまうなーって思いましたね(笑)

一番最初にブログ応用できそうなのがサイト設計の考え方でした!

Chapter 4の感想

Chapter 4は全体的に難しい話が続きます。

「AdSenseについて」

正直、読んだ当初はあんまり理解していませんでした。というか今でも理解できているのが不安です。

AdSenseの専門用語がずらっと並んでいるので、調べながら読み進めました。

ここに関しては実際にサイトを育ててから読む必要性があるのではないだろうか?と思っています。

コンテンツ量、ブログの記事ネタ、サイト構成、ライティング、などなど、まだまた先にクリアしていかなければならない課題が山積みです。アクセスも雀の涙ですし(笑)

せめて関連コンテンツが解放された時に何度も読もうと心に決めました。

Chapter 5の感想

Chapter 5は初心者の僕にも、とても良いな情報が得られました!

一番心に残っているのが、能動的ユーザーと受動的ユーザーの違いについてですね。のんくら本を読むまで、ユーザーの性質なんて考えたことすらありませんでした…。

当たり前ですが、素人とプロは考えている事が違いますね(笑)

「サイト設計をする」と言ってもChapter 5の情報をしっかり理解していないと、ダメな方向でサイトを設計していまいそうです。

「船でいうコンパス」がこのChapter 5の役割ではないでしょうか?

まさにサイト運営する上で知っておくべき情報が詰まっていました。ブログ完全初心者の方にも、すぐに応用できずとも読んでおくべきですね。

このブログを今すぐこうする!って方法はありませんが、こんな方向で進めていこう!っていうのがイメージできました。

難しいのでレベルアップしながら読み進める

いやー初心者には全体的にちょっと難しいです。

「この本を実際にブログにどうやって使うの?」

ってなった時に指が止まりますね…。

ですが「AとBはどっちの方法が良いんだろう?」ってなった時はすごく参考にできる考え方が多いです。

読めば読むほどヒントが掘り出されていく感。

単語や内容も完全に中級者向けなので、自分がレベルアップしていく度に読み直せば、さらに参考になりそうなのは間違い無いと思います。

初心者は本を持っておいて損はなし!

何度も読み返せる本として購入しておいて間違いないと思います。

「1度読めば終わり」って感じだと、多分内容は理解出来ないですね。

だからと言ってレベルアップしてから読むのは遅いと思います。

なので、サイト運営の基礎として知っておくべき事が書かれているので、初心者はしっかり頭の隅におきながブログ運営をするのが大切だと思います。

僕も何度も読み返しながらブログをレベルアップさせていきます!!!

created by Rinker
¥2,035
(2019/10/19 02:32:13時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事