恋愛

元カノを見返したい!? 彼女に振られて「どーーしても悔しい!」って感じる時のたった1つの対処法。

“たぬぎり”
“たぬぎり”
振られた!悔しい!!

先日の事ですが彼女に振られました…。

詳しくは以下の記事を読んでみてください。ちょびっと病んでますが…笑

1年半付き合った彼女と別れた…|失意のどん底でショックなうどうもこんにちは、たぬぎりです。 失意のどん底にいます…。 いや、もうタイトル通りなんですけどね、。 1年半お付き合い...

好きな人に振られたとしてもキレイに別れる事が出来たのなら何の問題ないですが、ヒドい別れ方や一方的に急に振られると「悔しい!」とか「憎らしい!」とか思ったりしませんか?

「愛情が憎しみに変わる」

とよく言いますけど、

たまにですが元カノを憎んだり嫉妬の目で見てしまう事があります。本心は「そんな風に見たくない」って思っていても自分の感情が抑えられなくなる夜もあるんです…

今までも振られる度にそんな風に感じることがあったのですが、やっとこさ対処法が分かってきたので書いていきたいと思います。

悔しい時のたった1つの対処方

「自分が幸せになる」

もうこの方法しかないでしょ。相手が去って行くなら、自分は自分で幸せになればいいんですよ。

来るもの拒まず、去る者追わず…

自分から離れて行く人を追いかけていくのは、自分を追い詰めて傷つけてしまう結果になります。だって向こうは去りたいと思ってるのに、あなたが追いかけると余計に逃げたくなっちゃいます。

それなら1度立ち止まって自分が幸せになる方法を探してみるのもどうですか?

好きだからこそ期待してしまっていた

まさにコレなんですよね。

  • この子なら一緒にいてくれる
  • 一緒にどんな困難でも乗り越えられる

ラブラブの時に「ずっと一緒にいようね♡」とか約束する人も多いんじゃないですか? そうやって「この彼女なら…」って期待しているんですよ。

そんな相手への期待が大きければ大きいほど裏切られた時のショックは大きいです。

だから振られると元恋人へ負の感情が爆発するんだと思います。

恋人に期待するのが悪いわけじゃない!

でもだからと言って「期待=悪」っ訳じゃないと思うんですよね。

だって恋人って「一番好きな相手」でもあり「一番信頼できる相手」でもあるじゃないですか?

結婚まで考えるってなると、何十年って共に歩んでいくパートナーなわけです。

そりゃ期待する部分もあってもいいでしょ!

好きな相手だもん!期待して何が悪い!って事なんですよ。もちろん期待しすぎは関係を壊すのでNG。

それに好きな相手から期待されないってのは逆に寂しいです。

何が言いたいかって言うと

元カノへの負の感情の爆発って…

「元カノが大切な人でめちゃくちゃ好きだったって事実の裏返し」

だと思うんですよね。

だって興味ない相手から裏切られても怒る事ってないじゃないですか。

だから元カノに嫌な感情を感じたり、嫉妬したり、ムカついたり、するのって別に「悪い事」ではないと思うんです。

誰でも感じる当たり前の感情なんですよ。

僕も好きで好きで仕方なかった彼女に浮気でこっぴどく振られた時はめちゃくちゃムカつきましたし、死ぬほど憎んだことがあります…。

 

とは言っても、振られた事には代わりないですから何とかして自分の感情を落ち着かせる必要がありますよね。

自分の幸せを徹底的に求める

そうなってしまえば解決策は一つ。

自分の幸せを求めるって事なんです。しかも「徹底的に」です。

あなたの幸せは何ですか?

可愛い恋人? 優雅な生活? 何不自由ないお金? フィーリングの合うパートナー? 名誉? 心から信頼できるお嫁さん?

僕の場合は「フィーリングの合う彼女」と「生活に不自由しないお金」があると満足。

そのためにも出会った人に魅力的に見てもらうために筋トレと有酸素運動を続けます。収入を伸ばす為にもブログを書き続けます!

それが僕の根本的なモチベーションになってます。

 

「あなたは何があれば幸せ?」

 

あなたも自分が幸せになる方法を徹底的に考えましょ!!!

P.S.復縁は考えない方が前に進める

よく「復縁は考えないの?」って言われますが、

別れる原因が解消されてない限り復縁はしない方がいいんじゃないかなって思います。

原因が遠距離なら転勤して近くになったからとか、収入が不安定だったならちゃんと安定した職につくとか、よっぽど二人の環境が改善されて気持ちが繋がっていたならアリなんかもしれませんが…。

それに「復縁を考えない!」って決めたなら、もう前に進む事しか出来ません。

なにより「心も前向き」になってきてくれます!!!

嫉妬、悔しさ、憎しみとか負の感情で押しつぶされそうになるぐらいなら、きっぱりと過去と決別させて前を向きましょう。

関連記事