学生生活

ホントに危険?「投資」を始める大学生に知っておいて欲しいメリット・デメリット・注意点の話

「投資」って気になるけど実際どうなの?

大学生だけど「投資」ってできるんだろうか?

授業で「投資」について聞いたんだけど大学生が投資するメリットやデメリットを教えて欲しい。

今回の記事はこのような疑問に答えていきたいと思います。

僕は20才の時に株式投資を始めました。ですが最初は100万円の貯金が50万円まで減ってしまった失敗の経験があります。

でもそのお陰で大学生が投資をする上で知っておいて欲しいメリットやデメリット、注意点が分かってきました

「投資」が気になっている大学生にはぜひ読んで欲しいと思います!

まず最初に知っておいて欲しい話

投資にも色んな種類がある

まず「投資」と言えども色んな種類があります。

有名な投資方法で言えばこんなところ。

  1. 株式投資
  2. 投資信託
  3. インデックス投資
  4. 個人国債
  5. 不動産投資
  6. 金・プラチナ投資
  7. FX(外国為替証拠金取引)
  8. 仮想通貨投資

大学生が「投資」と言われて真っ先に思い浮かべるのが「株式投資」だと思いますが、それ以外にもたくさんの種類があることを覚えておいてください。

そして投資の種類によって「リスクとリターン」が違います!

例えば、

  1. FXだと、1週間で資金を何倍にする事も可能ですが、ほんの10秒間で資金が0になってしまう可能性があります。(ハイリスク・ハイリターン)
  2. 国債だと、1年で0.05%ぐらいしか増えませんが元本割れ(損する事)はありません。(ローリスク・ローリターン)

このような感じで色々あります!

「FXって聞いた事あるから始めてみよう」

って感じで感覚で始めるのではなく、

しっかりどのような投資があるのかを知ってから投資を始めましょう!

全ての投資には損するリスクがある

損してしまう可能性は常に頭の中に入れておきましょう。

 

「投資にはリスクが必ず付きます」

 

株式だと価格が買った時より、下がってしまえば損になりますし、不動産投資だと、人が入居してもらわなければ赤字です。

元本割れ(損する事)がない国債さえも、日本が破綻してしまえばただの紙切れになってしまいます。もちろんすぐに日本が破綻する可能性はにはないと思いますが…。

必ずリスクがあることを理解した上で投資しましょう!

投資に「絶対」はない

絶対にこの株は上がります!

絶対に損しないので、この株に投資しませんか?

残念ですが、ネット上を見ればこのような情報は溢れかえってます。

それどころか酷いと証券会社の営業マンもその言葉を使っています…。

「絶対儲かりますから、この株買いましょう!」って言われたらまず警戒してください。

僕は友人の証券会社の営業マンに「この株めっちゃイイから!絶対稼げるから!」って言われましたが、株価を毎日見ているとドンドン下がっていってました。

そんなもんです笑

投資の世界に「絶対」はありません

「絶対稼げる」って言葉を使っている人がいたら「詐欺」か「営業」だと思ってください! ホントに絶対稼げるなら言ってる本人がやればいいんです。「人に教える」って事はそれなりの理由があるので気をつけてください!

大学生が投資を始めるメリット

稼ぐことができるかもしれない

もちろん投資ですからリターンを期待しますよね!

勉強と実践次第では、アルバイトに変わる収入を得ることが出来るかもしれません。

もちろん月2万円でも稼ぐ事が出来れば毎日が楽しくなるかもしれませんし、アルバイトするより時間の余裕も増えることになります。

ちなみに就職した後も「給料」+「投資収益」となれば、周りの新社会人よりも生活にも大きく余裕が生まれます!

収入の二刀流は強いです。

世界情勢を勉強するキッカケになる

投資は世界経済と深く結びついてます。

経済・政治・法律・戦争etc…

投資を始めると色んな事柄が投資対象の価格に関係してくるので、次第に目を向けるようになってくるでしょう!

僕も新聞やニュースを全く見ないタイプだったのですが、投資を始めてから興味が湧いてきたのを覚えています。

普通なら難しくて見たくない用語も気になって調べるようになりました。人としての教養の部分も成長した感じはありますね!

少額からでも取り組める

投資は資金が何十万何百万も必要と思われがちですが、始めるだけならそれほど資金が必要ではありません!

今話題のウェルスナビだと「10万円〜」投資可能ですし、楽天証券では楽天ポイントを使って投資することができます。

もっと少額ならトラノコというアプリを使えば「5円〜」投資するという方法もあるのです!

ひと昔前はこのようなサービスはありませんでした。

それに大学生で大金を貯金している人は少ないですよね。ですが色んなサービスが出来ているので、今では資金の多くない大学生でも簡単に始めることもできます!

就職活動を有利に活動することができる

もし大学生が投資家の目線を持つことができれば、就職活動にも有利に働くことは間違いないと思います。

もちろん投資している事が有利に働くこともありますが、

企業の分析やバランスシートを分析する事ができれば優良企業や将来有望な企業が見つけることが出来ます!

他の就活生がブランド名や直感で企業を探している間に、あなたは投資家目線で企業を探す事が出来ます。

きっと有益な投資本を数冊読むだけでも就職活動が有利になりますね!!

損しても生活へのダメージが少ない

意外と指摘される事がないんですが、大学生が投資を始めるのと、社会人が投資を始めるのは、意外とメリットに違いがあります。

基本的に大学生は資金が少ないので、大きく損してしまっても「10万円がなくなった…」ぐらいのレベルになります。

しかし社会人だと働いてるので資金が潤沢にあります。大きく損してしまった時は20万、30万、100万円を失ってしまう事にもなりかねません…。

もし失敗した時の事を考えると大学生の方が金銭的なダメージも少ないのです。

もちろん大学生の10万円は大きいですが、数年後の30万の方が心理的ダメージ大きいと思います。

大学生が投資を始めるデメリット

損をする可能性がある

最大のデメリットは「損をする可能性」があるという事。

しっかり勉強して実戦で学んでいかない事には投資で利益をあげる事は難しいです。

たまたま利益をあげる事は誰でも出来るかもしれません。しかし「利益を上げ続ける」となると難易度は一気に跳ね上がります。

あくまで「失っても問題のないお金」で投資してみましょう!

大学生が投資を始める時の注意点

絶対に余剰資金で投資する

デメリットでも解説しましたが、投資は「損する可能性」があります。

奨学金や生活費を投資資金にするようなことは絶対にNG。

あくまで余剰資金(生活に関係ないお金)で投資するように徹底しましょう! 必要なお金を投資で無くしてしまっても、誰かが代わりに払ってくれる訳ではありません。

投資に熱くなって必要以上につぎ込まないように資金管理は必須です。

絶対に信用取引は使わない

株・仮想通貨などでは、

  1. 現物取引
  2. 信用取引

の2つの取引があります。

簡単に言うと、信用取引とは借金をして株や仮想通貨を購入する事です。

「余剰資金で投資する」と同じ事言ってますが、自分の手持ちのお金以上に投資するのは絶対にNGです。リーマンショック級の暴落があれば、即借金を背負うことにもなりませんからね…。

逆に現物取引とはどれだけ価格が下がってもマイナスになる事はあり得ません。

どちらが良いかはもうお分かりですよね?

絶対に現物取引にしておきましょう!

始めるなら少額でローリスク・ローリターン

大学生が投資を初めてみるなら、

最初は、

  1. 少額
  2. ローリスク

という前提をきっちり守りましょう。

ますは経験と投資知識を蓄えていくのが大切です!

未経験なのに大金を投入して失ってしまっては元も子もないですかね。

お金を増やすのは「経験」や「小さな失敗」を重ねてからでも問題ないです!

関連記事