生活に役立つ話

財布を無くしてしまった時、最初にするべき7つの対処とその後の対応

「財布がない! え?どこかに落とした? こんな時どうしたらいいの? どこに連絡しないといけないんだっけ。いつどこの警察届けたらいいの? 財布を無くした時はなにから行動すればいいんだろう…」

今回は財布を落としてしまった時の対処法について書いていきます。

最初にするべき7つの対処法
  1. まずは落ち着いて冷静になる
  2. 直前までいた店や場所に連絡する
  3. 所持していたクレジットカード、キャッシュカードを止める
  4. 今日行った場所全てに連絡する
  5. 警察に届ける
  6. 保険証など紛失したカードをリストアップ
  7. カード停止や再発行の依頼

財布の中には現金、カード、保険証など大切なものがたくさん入ってますよね。財布を持ってないって気づくと普通は焦ります。

ただしっかり対処していかないと、悪用されてしまう可能性もあるので、しっかりと正しい対処をしていきましょう!

ステップ毎に解説していきます。

STEP1:まずは冷静に

まずは落ち着いてください。

財布を無くしてしまったら焦る気持ちは分かります。地に足がつかない感じでソワソワしてしまうかもしれませんが、一旦深呼吸しましょう。

冷静さを失ってしまえば、カード会社への連絡や警察への届出など、忘れてはいけないポイントを見逃してしまうかもしれません!

そうなれば見つかる可能性も下がってしまいます。

STEP2:直前までいた店や場所に連絡する

まずは直前までいた店や場所に連絡してください。

もちろん直接行けるなら行ってもいいですが、店の場合は店員さんが確保してもらえている可能性があるので、まずは電話するのがオススメです!

店舗にいたら直接店舗でもいいかもしれませんが、ショッピングモールやテーマパークにいた場合だとインフォメーションセンターがあるので、そちらに連絡してください。

STEP3:クレジットカード、キャッシュカードを利用停止にする

この2つのカードは真っ先に停止してください。

  1. クレジットカード
  2. キャッシュカード

特にクレジットカードは必ず停止してください。なぜなら暗証番号を打ち込まなくとも支払いできるので、クレジットの不正利用に繋がってしまいます。

キャッシュカードは暗証番号が必要ですが万が一の事を考えて停止しておく方が良いでしょう!万が一、引き出されてしまったら貯金まで失うかもしれません。

クレジットカードやキャッシュカードの停止は各カード会社のホームページに飛べば、サポートセンターの電話番号があるので、そちらから電話してください。

サポートセンターに電話をして、

  • カードを紛失した事
  • 名前
  • 電話番号
  • 住所

これらを伝えるとカード会社の人が、紛失したカードを利用停止にしてくれます。

これで、もし財布を拾った人がカードを使おうとしても、利用停止になっているので不正利用を防ぐ事が出来ます!

STEP4:今日行った場所全てに連絡する

次に今日行った場所全てに連絡しましょう。

自分の想像していた場所以外で財布を落としていた可能性も十分あります。

財布を落とした日あなたが「どの場所に行ったか?」「どんな交通機関を使ったか?」「どんなルートを通ったか?」を思い出して下さい。

慌てずに1つ1つ連絡していきましょう。

STEP5:警察に紛失届を出す

それでも財布が見つからなければ警察に届けましょう。

理由は2つあります。

  1. どこかで警察に届けられてたらすぐに連絡がくる
  2. 不正利用や詐欺があると紛失届けを出しているとそれが証明になる

あなたの財布を警察が探してくれる訳ではありませんが、警察に届けられればすぐにあなたの財布という事が分かります。広域なネットワークがある警察ですから、頼れる部分は頼りましょう。

僕も1度財布無くして紛失届けを出しにいくと、別の交番に届けられていた経験があるので、紛失届けは出すべきだなって感じました。

それに万が一、不正利用されてしまった時に紛失届けを出していると証明にもなりますので、必ず警察に紛失届けを出しにいってください。

紛失届けを出すのは「どこの交番・警察署でもOK」とのことです。

僕は都会で無くしましたが、地元の交番で紛失届けを出しました!

STEP6:紛失したカードをリストアップ

紛失してしまうと、次は色んなカードを再発行しなければなりません。

よく財布に入ってるカード一覧
  1. 保険証
  2. 免許証
  3. 交通系ICカード
  4. 学生証・社員証
  5. 会員カードetc…

紹介したのはほんの例なので、財布の中身を思い出しながらリストアップしてみてください!

TSUTAYAなどレンタル系のショップカードは忘れすいので、漏れなくリストアップしておきましょう。

STEP7:それぞれに連絡、再発行する

それぞれの発行元に連絡して再発行や利用停止をしてください。

基本的に会社のHPにいけば、電話番号やサポートセンターへの連絡先がかかれてるので、それで調べると良いです。

1つ1つ連絡しないといけないので、数が多いと相当の手間になってしまいますが、悪用される可能性も十分にあるのでしっかり連絡しましょう!

友人は財布を無くして半年してから、TSUTAYAから身に覚えのない延滞料金の請求が来たそうです…。警察が対応してくれたので支払いすることはなかったそうですが、悪用する人は実際にいるみたいなので気をつけて下さい!

その後、万が一財布が見つかったら

もし財布が見つかったら「財布が見つかった件」を警察やカード発行元に連絡しましょう。

紛失届けを出したり、カードの利用停止したまま使ってしまうと、あなたが財布を拾って不正利用しようとしてるのかと、誤解を招いてしまう可能性があります。

キャッシュカードなどは1度停止してしまうと再発行しないと使えない場合があるので、しっかりとそれぞれのカード会社や発行元に相談する必要があります。

自分の財布なのに疑われるのはイヤじゃないですか?

手間ですが連絡は大切なので、面倒くさがらずにしてください!

次の財布はなくす前に対策をしておこう

財布を無くしてしまうと本当にショックですよね。

僕も数回財布を無くしてしまった経験があります…。

優しい人に拾われて警察に届けてもらえるなら一番のベストかもしれませんが、そればかりは運の要素がとても強いです。

もちろん財布は無くさないのが一番。

無くしてから「対策しておけば良かったな…」って思っても”時すでに遅し”です。

紛失してしまった方は、新しい財布を購入することになると思いますが、しっかりと次は紛失対策はしておきましょう!

財布をなくさない為の方法とは?タグ・アプリ・チェーン・方法論などで予防すべき!みなさんも財布やスマホのような大事な物を落とした経験はありませんか? 僕は人より落し物や忘れ物がめちゃくちゃ多いと思います。 ...

 

関連記事