ガジェット

そのまま挿し替えてもOK!「Android・IOS両用の充電ケーブル」が手放せない気しかしない

どうも!ガジェット大好きのたぬぎり(@tanugiri_world)です

先日1年ほど使っていた充電ケーブルがお亡くなりになりましたので、新しいケーブルを探してAmazonをうろちょろしてました。

そして見つけた商品がこちら

「Android / IOS両用充電コード」

“たぬぎり”
“たぬぎり”
何ソレ!めっちゃ便利そうじゃーん!

って思ったので早速ポチってみました。

今回はC3DM【新品 iPhone/Android両用】最新版デニム充電ケーブルについてのレビューしていきたいと思います!

正直、コードが違うと充電が面倒くさい

特にiPhone・iPadユーザーの方へ。

コード規格が違うのってめちゃくちゃメンドくさくないですか?

iPhoneやiPadはライトニングケーブルじゃないと充電もデータ転送も出来ないから、普段からもち歩いていてますよね。

でも、

  • タブレット
  • モバイルバッテリー

って基本的にAndroidケーブルで充電するんですよね。

そうなると、

  1. 毎回、充電する時にコードを確認する必要がある
  2. 旅行だとコードを2本持っていく必要もある

めちゃくちゃデメリットが多い!

これが結構イライラしてました(笑) だって色んなガジェット使うためにはコード2本必要なんで、絡まるし、ややこしいし、絡まるし、荷物増えるし、でもまぁ使うしかないから2本持つしかなかったっていう…。

Android・IOS両用のコードが発売されてた

え、なにその神アイテム。。。

Amazonで見つけた時は感動しましたよ。

今まで充電ケーブルの「先っちょ」を取り替えたりするコードはあったのは知ってます。

でも、

取り替えたりするのも、それはそれでめんどくせーーとか思ってたんですよねw  そういう日常の細かい手間が嫌いなんですよ。基本メンドくさがり屋なので、

どっかに挿し替えれるコードねーかなー。規格違うから無理だよなー。世の中の全てがIOSならねーかなー

え!?あった!(驚愕

即ポチ決定です。

さっそく良いとこレビューしてみる

もちろん良い部分からレビューしていきますよ!

そのまま挿し替えてもで充電出来る

なんと言っても最大のメリットは、

「そのまま挿し替えても充電が出来る!」

という点に限ります。

iPhoneやタブレット・モバイルバッテリーも共用出来るわけです。

コード変えるのめんどくさい〜って思ってたのがコレ1本で解決するんです!

データ転送も問題なし

正規品ではないけどどうなんだろ?

って思ってましたが無事データ通信も出来ました。

同期やアップデートする時にわざわざ正規品のコードを探してくる必要もなさそうです。

デニム素材なので断線しにくそう

コードの外側素材はデニムです。

ジーパンとかに使われているアレですね。こればっかしはしばらく使ってみない事には何とも言えませんが、強度は高そう。

それにイヤホンコードみたいにグニャグニャに曲がらないので、カバンの中で絡まりにくい素材だと思います!

素材で好感度も結構アップアップ。ちょっとした”オシャレ感”もあります。

ケーブルを1本にまとめる事が出来る

旅行や普段からコードを2本持ち歩いている人だと、

「荷物が軽くなる」

というメリットもあります。

基本的に旅行時はAmazonタブレットとiPhoneを持ち歩いてるので、コードが2本必要でした。カバンの中で絡まってると「うへェ…」ってなってました。

それが1本で済むってなるとこれから旅が快適になりそうです!

ケーブルの長さは1m

ケーブルの長さは「1m」です。

以上です。

短くなく長くなくって感じですね。普段使いするならベストな長さです!

充電速度は体感的にもふつう

Amazonの商品説明欄には「最大2.4A電流」って書かれてました。

体感的にも充電速度はiPhoneについてる充電ケーブルと変わらない感じはしました。

とくにAndroid・IOS両用ケーブルだから充電スピードが遅い! って事はなかったですね。

安心して夜も充電する事ができます。

ここ改善して欲しいなっていうとこ

あー、ここだけもっと良ければ完璧なんやけどなー…。ってとこ紹介。

このデメリットが許容できそうなら買ってみて欲しい!

コードの長さは1種類だけ

一部の方には残念かもしれませんが、

コードの長さは1mのしかありません。

30cmもなければ、2mのコードもないので、別の長さのコードが欲しいって方は他のコードを使うしかないです。本当に1番使われてそうなコードの長さだけみたいです。

接続に裏表がある

線を挿し込むには裏表をチェックする必要があります。

裏表を間違うと充電が出来ないので注意!

まぁ元は規格の違うAndroid・IOS両用の充電ケーブルですから、これぐらいのデメリットはあって当然なのかな?感はありますけどね…。

微妙に接続部分がユルい…?

接続部分がちょびっとユラユラするんですよ。

ただ簡単にケーブルが取れることはないですし、充電の接続がユルいって訳ではないので、使う事に対して不安はないですが、

やっぱり接続部分をもって揺らすとちょっとユラユラしてしまうんです。

うーん、やっぱり使う事にも問題はなし。

でも記事に書かないのもズルい気がしたので書いておきます!

感想:もう手放せないし追加注文しちゃった

感想まとめ
  1. リビングで家族共用で使える
  2. 机の上でケーブルが1本だけになる
  3. タブレット・iPhoneでケーブル共用は便利

我が家は父さんはAndroid派、母さんはiPhone派なんですよ…。

揃えろよ!笑

って思うんですが2人とも拘りが強くて…。

そのせいでリビングには数種類の充電コードがいっぱいあるんですよね(笑)

こっちも充電する時探すんメンドくさいんで、このコードを勝手に挿し替えておこうかな?って画策して追加購入しました!!!

自分で使って便利だったので家族にも広めようと思います。

(もちろん家族用のコード代はしっかり頂きますよ?)

以上、

Android・IOS両用の充電ケーブルのレビューでした!

関連記事